毛母細胞を再生!復活させて活性化させる方法とは!?

こんにちは、育毛ジャンキーです。
あなたは毛母細胞を活性化させて、髪を増やしたいと思っていますか?

実は、あなたの毛母細胞はすでに活性化しています。

「えっ?どういうこと?じゃあなんで俺の髪の毛は生えてこないの?」
という意見が聞こえてきそうですが、実は、加齢によって毛母細胞の働きが衰えることはないんです!

毛母細胞が死滅するようなこともありません。

どういうことか詳しく解説していきます。まずは毛母細胞と毛乳頭の
役割についての理解を深めていきましょう。

毛母細胞の役割は主に2つ!

毛母細胞は毛乳頭からの栄養で髪を作ることと、髪の毛を黒くすることという2つの役割があります。

詳しく見ていきましょう。

1,毛乳頭からの栄養で髪の毛を作る!

そもそも毛母細胞はどこにあるかと言いますと、毛乳頭から髪の毛が始まる部分の境目にあるんです。

毛乳頭とは、ものすごい小さな毛細血管が集まっている髪の毛のスタート地点です。そして、毛母細胞はこの毛乳頭の毛細血管から運ばれた栄養を髪の毛に変える役割を持っているのです。

毛母細胞

毛乳頭が
「この栄養で髪の毛を作ってね」
という指令と栄養を毛母細胞へ送ります。

すると、毛母細胞は
「OK!あなたから栄養が届く限り髪の毛を伸ばしていくよー!」
といった信号を受け取り、細胞分裂を繰り返し髪を上へ上へと伸ばしていきます。

日々、毛母細胞と毛乳頭は二人三脚で働いて僕たちの髪を作ってくれているのです。

2,髪の毛を黒くする。

髪の毛を黒くする役割も、実は毛母細胞が担当しているのです。

毛母細胞の中には、髪を黒くするためのメラニン色素という細胞がたくさん存在します。
毛母細胞が髪の毛を作るとき、このメラニン色素も一緒に髪の毛に混ざるので髪の毛が黒くなるという訳です。

ちなみに白髪が多い人は、毛母細胞がメラニン色素を作り出すの能力が弱まっているため、髪のメラニンを作り出してくれる食材を食べると黒くなります。昆布やわかめなどの海藻を食べるといいです。

毛母細胞を復活させる方法って?

記事の冒頭でも説明した通り、毛母細胞自体は、弱ったり死滅することはありません。

食生活や生活週間で毛乳頭からの栄養が不足すると毛母細胞の「髪の毛を作る」という仕事がなくなってしまうだけです。
毛母細胞自体は元気なのですが、毛乳頭からの栄養が来ないため、髪の毛を作れなくなってしまいます。

なので毛母細胞は、毛乳頭からの栄養を受け続けることができれば本来の「髪を作る」というお仕事をしてくれます。

毛母細胞の働きを復活させるには、毛乳頭に栄養を行き渡らせれば解決できます。

毛乳頭を活性化する方法は二つ!

それでは、どうやって毛乳頭に栄養を送ればいいのか?

すべきことは、二つです!

  1. 体の血流の流れを良くする。
  2. 髪の毛にいい栄養をとる。

この二つさえしっかり行えば毛乳頭に栄養が送られ毛母細胞が活性化し、髪の毛が生えるようになります!

体の血流の流れを良くする。

血のめぐりをよくすらためには、タバコやアルコールは控えたほうがいいです。
また、カップラーメンやジャンクフードなども控えましょう。

特に、頭部の血管は下半身の血管の10分の1程度の細さしかないので詰まりやすいです。
食生活が偏っていると毛乳頭まで血液が行かなくなってしまい、髪が生えません。

毎日、39度前後のお湯に入ると全身の血の巡りが良くなります。
すると頭皮への血行も良くなるため、毛乳頭へ栄養が行きやすくなります。

髪の毛にいい栄養をとる。

頭皮への血液を良くするためには、魚の脂がいいです。

「なぜ、魚の脂がいいのか?」

それは、人間の体の中で魚の脂は固まらないからです。

牛や豚の体温は40度あり、人間の体にそれらの脂が入ると固まってしまいます。
魚の脂が体の中に入ると、血管に詰まったコレステロールなどの古い脂を溶かして排出してくれます。

すると、頭皮への血流も良くなっていきます。

イワシやサンマなどの青魚を食べるようにしましょう。


サブコンテンツ

最強の育毛剤はどれ!?

育毛剤比較

コメントを残す

このページの先頭へ