まじ!?テストステロンは薄毛・ハゲの原因になるのか?

男性ホルモンである、テストステロンが
多い人はハゲやすいのでしょうか?

答えはNOです!テストステロンが多いのが
原因で薄毛になるのではありません。

テストステロンが多い人が薄毛になるのは間違い!?

男性ホルモンの量は加齢とともに減って
いきます。20代前半をピークに5年ごとに
4.7%ごとに減っていくのです。

もし、テストステロンが多いとハゲて
いるならば、テストステロンの分泌量が
多い年代である20代前半のうちにハゲて
いるはずです。

多くの人は、加齢とともに男性ホルモンが
減っていく中で薄毛になっています。

なので、男性ホルモンが濃く、テスト
ステロンが多い人が薄毛になるのは

、、、間違いなんです!

テストステロンの分泌量には個人差があり、
多い人と少ない人の差では3倍以上の差が
あります。

テストステロンの迷信。ウソホント!?

筋トレするとハゲる!?

筋トレするとテストステロンが出すぎて
ハゲるというのも、迷信です。

筋トレやスポーツするとハゲるならプロの
スポーツ選手やアスリートが全員ハゲて
いるということになります。

筋肉を鍛えてもテストステロンが原因で
ハゲることはありません。

ただし、栄養不足でハゲることはあります。
プロテインをしっかり補給することが重要です。

筋トレ後のカラダは、筋肉が疲れた状態です。

そして、負荷の強さによっては筋肉が壊れて
いますので、翌日に筋肉痛が起こります。

トレー二ング後は筋肉を修復するための栄養
である「たんぱく質」を、カラダの細胞が欲しが
っているのです。

なので、プロテインをしっかり飲んで、カラダに
たんぱく質を行き渡らせてあげましょう。

筋トレ後にたんぱく質を取ると、カラダに負担の
かかった部位(筋肉や内臓など)から優先的に
たんぱく質が使われて、筋肉が修復されます。

髪の毛は、たんぱく質でできています。プロテ
インや食事でたんぱく質を取らなければ、発毛に
必要な分のたんぱく質が筋肉の修復に使われて全て
なくなってしまうのです。

その結果、髪を作るたんぱく質が足りずハゲて
しまうということになります。

テストステロンが原因でハゲるというより、
筋トレ後にしっかりたんぱく質を補給しないと
ハゲてしまうということなのです。

ちなみに、プロスポーツ選手はトレーナーと
相談してバランスのいい食事メニューを食べて
いるので髪の栄養が不足する心配はありせん。

筋トレをしてテストステロンがたくさん出るから
ハゲるのではなく、たんぱく質不足でハゲるのです。

ハゲ予防したいなら植物性のプロテインを!

たんぱく質には動物性と植物性の2種類があります。
動物性は、育毛の大敵である脂肪やコレステロールが
含まれているので植物性の「大豆のプロテイン」が
オススメです。

動物性のプロテインは、摂取した90%以上がカラダで
筋肉に変換されますが、植物性のたんぱく質は70~80%
しか筋肉になりません。

しかし、植物性には脂肪やコレステロールが含まれて
いないので髪の毛を生やしつつ筋肉への栄養の補給も
できるので安心して飲むことができます。

オナニー(射精)するとハゲる!?

「オナニーするとハゲる」と、世間では言われ
ています。

実は、これは「本当」です。オナニーだけでなく、
射精すること自体がこれに該当します。

オナニーによってテストステロンが増加するから
薄毛になるというのは間違いです。実は、射精すると
髪に必要な栄養素である「亜鉛」が排出されます。

そもそも、亜鉛とは食事に含まれるたんぱく質を髪に
変換する役割があります。

なので、日頃から亜鉛を取らない生活をしていると
射精時に精液と一緒にカラダの亜鉛が排出され、
たんぱく質を髪の毛に合成してくれる役割の栄養
がなくなり、髪の毛を作れなくなってしまうのです。

たんぱく質が髪の毛の「材料」で亜鉛が「料理人」
みたいなイメージでとらえるとわかりやすと思います。

せっかくいい材料があっても料理人がいなければ
「髪の毛」という料理が完成しません。。。

亜鉛の1日の摂取量は15mgが目安です。1回の射精で
2mgほどの亜鉛を失います。髪を生やしたい人は1日
15mg〜30mgほどをサプリで摂るといいです。

射精するなら亜鉛さえ、しっかり摂っていればハゲる
ことはありません!

AV男優はハゲ防止のために亜鉛を飲む人が多いとか。
しっかり亜鉛で予防していきましょう。


サブコンテンツ

最強の育毛剤はどれ!?

育毛剤比較

コメントを残す

このページの先頭へ