M字ハゲ(生え際前頭部)にミノキシジルは効果がない?

「ミノキシジルは前頭部(生え際)には効かないよ」

ミノキシジル育毛剤(リアップ、ロゲイン)は生え際には
効果がないと言われているんです。。。。

でも、コレは半分正解で半分間違いなんです。

ミノキシジルだけでは生え際の発毛は難しいですが
プロペシアと併用すれば生え際の発毛ができます!

僕自身、ミノキシジルだけを生え際に塗って
いた時期があったんですが「うっすら生えたなー」
と思ったらまた抜け毛が進行していたんです。。。

ミノキシジルだけでは生え際には役不足?

ポラリス「ミノキシジルは、てっぺんの発毛は
向いているが、生え際の発毛は向いていない」
と、言われています。

なぜなら、生え際にはてっぺん(頭頂部)より
濃度の濃い抜け毛ホルモン「DHT」が存在して
いるからです。

なので、ミノキシジルだけで生え際の後退に
太刀打ちするのはちょっと難しいんです。。。

じゃあどうするか!?

プロペシアと一緒に飲むことによって生え際の
DHTを抑制しつつ、新たな髪を生やすことがで
きます。

血行ミノキシジルで生える仕組みは、血行促進です。
栄養というのは血液の流れによって運ばれます。
血液の流れによって髪が生える根本「毛乳頭」に
栄養が送られると発毛します。

が、ミノキシジルで生え際の発毛が難しいの
は理由があります。

生え際は、DHT(ジヒドロテストステロン)
という脱毛の原因になるホルモンの影響を
いちばん受けやすい場所です。

なので生え際の後退を食い止めるならこの
DHTホルモンの発生を抑制させる必要が
あるんですねー。

でも、ミノキシジルはDHTを抑制させる
効果がないんです!

抜け毛を根本的に食い止める成分ではなく、
抜けた髪があった毛乳頭に発毛指令を
送ってふたたび毛を生やす成分なんです!


なので、DHTが発生する限り、いくらミノキ
を塗ってもDHTの発生を止めないと髪の毛は
抜け落ちていきます><

ミノキシジルを塗るより先に、脱毛ホルモンの
DHTの発生を食い止める必要があります。

そこで、内服薬「フィナステリド」
(プロペシア)登場です。

「フィナステリド」で抜け毛を食い止め「ミノキシジル」で生やす!

ミノキシジルをM字部分に必死に塗ったところで、
脱毛ホルモンDHTが発生する限り、生えてもすぐに
抜け落ちてしまいます。

なので、フィナステリドを使った抜け毛
防止薬を飲みましょう。

プロペシアの画像

薄毛治療に使われる成分「フィナステリド」は、
DHTを発生させる酵素「5α還元酵素」のはたらき
を抑制する効果があります。

フィナステリドは、効果が世界の医療機関でも
認められた薬です。日本の皮膚科学会でも、
正式に発毛効果がある薬として認可されました。

フィナステリドを使った薄毛治療薬には
「プロペシア、エフペシアフィンペシア、
デュタステリド」という薬があります。

フィナステリドは、ミノキシジルとかなり相性が
良い飲み薬で、よく一緒に使われています。

「フィナステリド」で抜け毛を防止して
「ミノキシジル」で新しい髪の毛を生やす
のが良いやり方です。

まとめ

M字ハゲを食い止めるなら、ミノキシジルだけでは効果が薄いが
フィナステリド(プロペシアなど)と併用するとかなり効果的。

なので、生え際の毛を生やすならミノキシジルだけじゃなくて
フィナスステリドも一緒に服用して下さいね。^^

この組み合わせは、生え際だけでなく頭頂部や両サイドの薄毛
にも効果的です。


サブコンテンツ

最強の育毛剤はどれ!?

育毛剤比較

コメントを残す

このページの先頭へ