男が発毛・育毛のために女性ホルモンを摂って増やすとどうなる?

僕はハゲる理由についてこう考えていました。

「男性ホルモンが多すぎるとハゲるなら
女性ホルモンを摂ればいいじゃない?」

と。。。

そもそもハゲになるのは男性ホルモンの一部が
脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」に
なってしまうことが原因で引き起こされます。

そんな男性ホルモンとは逆に、女性ホルモンは
髪の毛を生やす効果があるんです!

女性の方が髪の毛が伸びやすいのは、女性
ホルモンのおかげなんです。更年期を過ぎる
と女性も男性ホルモンが濃くなって髪が伸び
にくくなってしまいます。

女性ホルモンには、たくさん種類があります。
特に「エストロゲン」が育毛にいい成分です。

なので、

オカマ「じゃ、エストロゲンを摂れば薄毛治るんじゃね?」
って、今回、思ったワケであります。

でも、男が女性ホルモンを摂るにあたって不安も
当然あるわけですよ。

「そもそも、男が女性ホルモンを摂るなんて副作用
とか大丈夫なのか?女の体つきになってオネエ言葉
になってOKAMAになってしまうのか?」

「掘られてしまうのではないか!?」

僕も、こんな心配をしてた次第でございます。笑

果たして、本当に薄毛治療のために女性ホルモンを
摂取しても大丈夫なのでしょうか?

結論から言うと、やめておいたほうがいいです。。。
女性ホルモンの注射や飲み薬がありますが、
リスクが高すぎます。

声が高くなったり、体がくびれてきますw
そして大事な部分も勃たなくなります。

そう、オカマになります。。。。。

しかしながら
「どうしても女性ホルモンで毛を生やしたい!」
という方のために女性ホルモンを増やす
手っ取り早い方法を教えます。

女性ホルモンを増やすための方法とは!?

一番手っ取り早い方法は「ホルモン注射」や
「女性ホルモン薬」を服用することですね。

ホルモン注射

注射「ペラニン」や「ルテス」といった女性
ホルモン剤を注射します。

一回の注射は850円くらいで、産婦人科で
受け付けています。一回だけじゃなくて、
何回も打つ必要があるところが面倒ですね。

金額がかかってしまうし面倒。
うーん、考えどころであります。

女性ホルモンの薬

プレマリンプレマリンやエストロモンといった薬が代表的。
産婦人科でもらうことができますが、ネットの
個人輸入でも購入できます。

飲むと、胸が大きくなったり、カラダつきが
丸みを帯びたりして女性化していきます。

ニューハーフの人は定期的に女性ホルモンの
薬を飲むようです。

女性ホルモンは、抜け毛の原因男性ホル
モンのジヒドロテストステロン(DHT)の
活動を抑えます。

副作用があるのが難点

困る冒頭でも書きましたが、男性が女性ホルモンを
とると男性機能や性欲が衰えたり、体力の低下や、
うつなどの症状がでてくるようです。

そして、声が高くなり、カラダが
女体化します。

薄毛治療のために女性ホルモンを飲むことは
副作用の心配があるのでオススメできません。

雨上がり決死隊の宮迫さんや、くりぃむしちゅー
の有田さんは、薄毛治療のために女性ホルモンを
飲んでいたらしいのですが、EDになりかけた
らしいです。。。

毛を生やしたいなら大豆を摂るのが一番オススメ!

大豆注射や女性ホルモン剤はリスクが高すぎます。
なので、安全に女性ホルモンを摂る一番手っ取り早い
方法は「大豆を食べること」です。

大豆には女性ホルモンと良く似た「イソフラボン」
という成分が含まれています。

で、イソフラボンを摂るとカラダの中で女性
ホルモンが優位にはたらきます。すると抜け毛
ホルモンであるDHTの活動が阻害されるため、
抜け毛が減るのです。

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホル
モン剤の服用や注射などと違い、女性化す
ることはありません。

なので、イソフラボンは、DHTの働きを安全
に食い止める事ができるのです。

また、大豆には発毛に必要なタンパク質を
補うことができるので、一石二鳥です。

結論

育毛ジャンキー
髪太郎先生!女性ホルモンではなく大豆を取ればいいんですね?

白衣
そうなんです!男性が安全に育毛をしたいなら大豆しかありません!大豆はイソフラボンという成分が入っており、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。でも、食材なので男性がたくさん食べても副作用がないんですよ!

育毛ジャンキー
なるほどー。。。医者に行って育毛のために女性ホルモンを真剣に注射しようと考えてたんですがやめときます。

白衣
オカマになりたいんだったら止めませんが育毛のためには絶対やめましょうね。大豆をとにかく食べましょう。大豆タンパクの力で毛が伸びるスピードが速くなりますよ。


大豆製品女性ホルモンを薬や注射で取り入れるのではなく、女性ホルモンと良く似た作用の「大豆(イソフラボン)」を食べましょう。
大豆は、安全に、確実に女性ホルモンを
増やしてくれますが、カラダが女性化
することはありません。

また、大豆と一緒に薄毛専門の治療薬
「プロペシア」も併用して飲んだ方が
効果が上がります。

薄毛治療のために女性ホルモンを飲んでEDになったり
うつになったりしては元も子もないので。。。


サブコンテンツ

最強の育毛剤はどれ!?

育毛剤比較

コメントを残す

このページの先頭へ